1/5ページ

義兄「思い出のある家を売るなんてとんでもない!(訳:家をくれ!)」私(そういうことなら…)姑が住んでいる家を処分して老人ホームに入りたいと言うのを義兄たちが反対。その理由があれだったので…

姑が築40年の家を処分して、 老人ホームに入りたいと言っていた。 (義実家は元々姑の母から相続したもの) 天晴れな人だなと思い、私は賛成したんだけど、 義兄たちが反対。 「思い出のある家を売るなんて!」 とか言ってたけど、ようは家をくれと。 建屋はあれだけど、土地だけで見たら時価2億 だからわからんでもない。 姑がまだ生きてるのに、相続で揉めているので 姑の希望と義兄の思い出を大事にしたい気持ちを […]

叔父「嫁子ちゃん、何かわからないことあったら言ってね」私「はい!あのよく姑さんから言われるんですけど、これって方言ですかね?」空気が凍り付いた次の瞬間、姑が…

20歳ぐらいの頃に結婚したんだけど、 結婚2年目くらいから、姑に子供を産め産め 言われていた。 親戚が集まっていた新年会で、 叔父さんから何かわからないことがあったら聞いて と言われたので、 普段姑から言われているけど、意味が分からなかった 言葉が方言なのかを訪ねてみた。 すると、その場の空気が一気に凍り付いた。 どうも聞いちゃいけない言葉だったらしい…

姑「どうゆうつもり?そばアレルギーだって言ってるでしょ?命にかかわるのよ?」私「そうでしたか(知ってた)。私もアレルギーなんですよ。姑の。」すると…

結婚当初からうざかった姑。 旦那がいない昼間に来ては嫌味と悪口を言って 帰っていく。 当たり前のように昼食を食べて帰るので、 前もって用意しておいたきつねそばを出してあげた。 事前にそばアレルギーがあることは聞いていた。 思った通りに、 「私はそばアレルギーなの!どういうつもり?」 とキレてきたので…

義兄嫁「なに?最後の家族旅行?」私「え?」義兄嫁「そろそろ離婚かなと。そういう事なら邪魔しちゃ悪いね」謎の電話がかかってきので旦那に聞いたら…

うちの地域よりも義兄家族の住む地域の方が 観光地なんだけど、なぜか義兄家族が 連休中うちに泊まりに来たいと言ってきた。 ちょうど旅行でいないという話をしたら、 義兄嫁「なに?最後の家族旅行?」 私「え?」 義兄嫁「うまくいってなかったでしょ? そろそろ離婚かなって。残念だわー」 私達の夫婦仲は円満なんだけど、 なんでこんなこと言ってくるのか旦那に聞いてみたら…

旦那「『ありがとうございます』しか言うな」私(は?何言ってんの?)我が家にきた姑が家具に色々文句をつけてきたんだけど、旦那に従ってみたら…

何かにつけて自分の好みに合わないと 文句をつけてくる姑。 結婚当時お金もなかったので、 安いものを選んでいたんだけど 私達が選んだ家具に文句をタラタラ。 その日は旦那から 「『ありがとうございます』しか言うな」 と言われていたので黙って従っていた。 すると旦那が「じゃあ行こうか」と言い出して…

私「お昼うどんにしましょう。私作りますね。」出来上がって食卓に持っていくと固まる一同。出されたどんぶりを見て姑がボロボロ泣き出した…

結婚以来、ずっと義実家で嫁いびりにあっていた。 舅や小姑、旦那が毎回〆てくれるんだけど、 全く止める気配がなくとうとう義実家に行かなくなった。 それから数年後、子供が生まれたので 一応おばあちゃんになるのでこの機会に仲直り しようと久しぶりに会った姑は丸くなっていた。 昔のことも謝ってくれたので、 お礼にとうどんを振舞ったんだけど…

姑「産む痛みを知らないなんて母親失格ですよ!」医者「はぁ…うちの産院にいらっしゃる方の9割は…」話を聞いていた医者が険しい顔で姑を追い出した…

2人目の出産は帝王切開になることが分かっていた。 入院前の説明時に一緒についてきた姑が 「甘えているから普通分娩ができない」 と担当の先生に訴えていた。 私も先生も、姑が何を言ってるのかわからない。 ついには「生む痛みを知らないなんて母親失格」と 言い出したもんだから先生が険しい顔に… そしてその場から追い出された姑は…

姑「○○君にあんまり似てないわ…本当に○○君の子?」婦長「姑さん、ちょっとこちらへ…」出産した姉の病院へ様子を見に行くと姉の姑がずけずけ入ってきて…

出産したばかりでまだ入院中の姉の病室を訪ねた。 すると、テンションの高いおばさんが入ってきた。 その人は姉の姑みたいなんだけど、 私には目もくれず、赤ちゃんをのぞき込んで、 「○○君にあまり似てないわ」などと。 私が「ちょっと」と止めようとしたら、姉がひとこと。 このやり取りを聞いていたらしい婦長さんが 部屋に入ってきて、姉の姑を連れ出して〆てくれたらしく…

旦那「この連休は家族でゆっくり過ごしたいな」姑「あら、素敵」旦那「うん、だからショートステイね」姑「え?」旦那「え?」

舅が亡くなってから、 かなり強引に我が家に転がり込んできた姑。 同居自体は、覚悟してたから受け入れたんだけど、 かまってちゃんでうんざり。 幸い月に1週間ほどはショートステイに 行ってもらえるので精神的にバランスが保てている。 次のショートステイの日程を決めようと話していたら…

姑「この人とはどんな関係なの!」私「え?」姑「あんたにはがき送ってくるなんておかしい!」最近郵便物が届かないなと思っていたら…

ある日、姑がうちにやってきて 「この人とはどんな関係なの!」と。 手には会社の同僚からの喪中はがきを持っていた。 最近郵便物が届かなくて、 不思議だなぁと思っていたところに 何故か私宛のはがきを持ってきた姑。 実は…

1 5