母親

1/4ページ

私(…ん?旦那が帰ってきたのかな…え!!)娘がインフルエンザで寝込んでいたとき、添い寝していたら不思議な指の感触がして目を開けたら…

母親が亡くなって10年。 娘の前にはたまに現れていたみたいなんだけど、 私は見たことがなかった。 娘がインフルエンザで寝込んでいたとき、 不安がっているので添い寝をしていたら、 額に不思議な指の感触がした。 旦那かなと思って目を開けたらそこには母がいた。 起きたら娘の熱は下がってて、 「おばあちゃん来てくれたね」って笑っていた…

5歳上の兄はとても優しい人だった。そして自分の意見を言わなかった。でもそれって多分「自分の立場」を知っていたからなんだと思う…

5歳上の兄はとても優しい人で、 何かと私や妹に合わせてくれていた。 兄に何か聞いても、はぐらかされて意見を 言ってくることはなかった。 でも、私が小学校高学年になる頃には親戚が 話している内容から、兄の父親と私の父親が 違う人だという事が分かってきた。 兄が高校生の時両親に向かって 「実父が知りたい」と相談していたんだけど それを聞いた母が静かに深くキレて…

父「A美もこんなに大きくなってなぁ~」母「そうねー。生まれてこれなかったかもしれなんだもんね」父・娘・息子「!!」ファミレスですごい会話が聞こえてきた…

ファミレスで1人食事をしているときに 隣のテーブルに両親と高校生ぐらいの女の子と 小学生くらいの男の子の家族が座った。 どうも女の子の誕生日らしく、最初は 微笑ましい感じの会話が聞こえてきた。 しばらくして、 父「こんなに大きくなってなぁ~」 母「生まれてこれなかったかもしれないんだからね」 一同ギョッとしてる。 続けて 母「だって、この人まだ親になりたくないとか…」 凄い会話が聞こえてきた…

母「ああ、あれ要らないから捨てたよ」俺「は?」机や押し入れにある私物を何でも勝手に捨てる母。仕返しに母が大切にしていたものを捨てたら…

普段の仕事ではあまり使わない名刺が 机の中から消えていた。 母「いらないから捨てたよ」ふざけんな! 昔買って、全巻揃えた漫画を押し入れに しまっておいたんだけど消えていた。 母「いらないから捨てたよ」ふざけんな! ある年の暮れ、年賀状を書こうとしていた母親の 相手からもらった年賀状が消えていた。 俺「いらないから捨てたよ」すると…

彼「お母さんは作ってたのになぜ作らないんだ」彼が大学2年のときに彼のお母さんが亡くなった。その後妹が料理を作っていたみたいなんだけど…

彼が大学2年生の時に、彼のお母さんが亡くなった。 元々料理が得意な方で、おはぎや手作りの漬物、 ジャムなんかを作っていた。 彼のお母さんが亡くなってからは、妹さんが料理を 作るようになったみたいなんだけど、 ある時から「妹が手抜きばかりする」と言い出した。 「料理作ってくれるだけでもえらいじゃん」 と言ったんだけど…

1 4